インスペクターは第3者立場の業者を

ホームインスペクション

マンション内覧会ではあまり気にする必要はないのですが、中古住宅やリフォーム等でインスペクターと業者が癒着している事があります。この様な業者には要注意です。

ホームインスペクション(住宅診断・住宅検査)は大きく分けて2種類あります。

  1. 事前検査としてのインスペクション
  2. 第三者が客観性を持って行うインスペクション

マンション内覧会同行は2番に当てはまります。第3者性、客観性が大切である事は言うまでもありません。ただし、冒頭にも申し上げた通りマンションに関しては現時点ではあまり気にする必要はありません。

なぜならば大手デベロッパーの資本傘下にある同行業者は存在しないからです。現在の内覧会同行業者はそのほとんどが地場建築設計会社か地場不動産会社、または独立系の会社です。その為デベロッパーの影響力を受ける会社ではない為今のところは気にする必要はありません。

ちなみに、欧米ではホームインスペクターは一般的な職業。

過去に、アメリカではホームインスペクターと不動産業者との癒着が問題となり、州によっては「不動産業者によるインスペクター紹介禁止」としているところもありました。また、オーストラリアでもやはり「売主のインスペクションは虚偽が多い」と問題になり、今では買主がインスペクションする仕組みが一般的です。さらに、イギリスでも買い手がホームインスペクションを依頼しているというのが欧米での現状です。

とはいえ、まだまだ日本ではホームインスペクションは一般的ではありません。その為、リフォーム会社や不動産会社が提供する無料インスペクションは要注意です。ホームインスペクションはあくまで第三者に購入者が依頼するのが望ましい姿だと言う事を忘れないでください。


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


内覧同行ランキング


おすすめ記事