インスペクターを連れて行ったら失礼ではないか

shutterstock_13104310

気にされる方が多いようでうね。インスペクター(検査員・同行業者・建築士)を内覧会に同行させるのは施工者や売主に対して失礼にならないだろうかと懸念される方も多いようです。

現在、マンション内覧会同行サービスを利用する人は購入者のおよそ1割程度だと推定されています。逆にいえばあなたの購入したそのマンションの内覧会に、同行業者を連れてくる人が他にも必ず存在すると言う事です。

最近では売主もその事が分かっており、内覧会同行業者からの依頼や質問事項にも柔軟に対応してくれるようになってきました。ですから内覧会にインスペクター(検査員・同行業者・建築士)を同行させても施工者や売主に対して無礼にはならないのでご安心ください。

ちなみに、インスペクター(検査員・同行業者・建築士)を同行させる際は前もって売主に伝えておきましょう。先ほどもお伝えしたように、インスペクターを同行する購入者は約1割程度です。まだまだ少ないのが現状で少数派です。

その為、案内に優秀な担当者を配置してくれる可能性が高くなります。実際に当サイトの関係者で内覧会運営に携わっている者の情報によると、そういった購入者には所長クラスの担当者を付けていると言っていました。

意外と知られていないマンション内覧会裏情報でした。

 


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


内覧同行ランキング


おすすめ記事