エレベーターは台数とトランクルーム付きかどうかを確認

shutterstock_4972687

現在販売されているマンションでエレベーターが設置されていない物件はほとんどありません。法律的には31mを超える建築物に非常用エレベーターを設置する義務があるだけでその他には規定がありません。

エレベーターについては台数とトランクルームの有無を確認しましょう。
具体的な台数の目安としては80~100戸に1台とされていますが、実際にはその階の住戸数によって計画する事が望ましいと言われてます。
通常はフロア14~16戸毎に1台あれば問題ありません。

小規模なマンションの場合1台のみエレベーターが設置されているケースもあります。その際はトランクルーム付きのエレベーターかどうかを確認してみましょう。
トランクルームとはエレベーターの奥に空間が設けられており救急車のストレッチャー等が入る様に設計された個所を言います。普段は扉状になっており閉まっているので中を確認する事はできませんが、いざと言う時に役に立つ設備です。

細かいポイントですが契約時には確認してみましょう。


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


内覧同行ランキング


おすすめ記事