オール電化マンションの評価は?

shutterstock_1017505

近年オール電化マンションや太陽光発電が設置されているマンションが増えてきました。
しかしオール電化マンションに関しては、東日本大震災を境に少々風向きが変わっているようです。電気代の値上げや震災時のライフラインストップ等の問題が懸念されています。

とは言え、オール電化に対する評価が高い事も事実。そこで、オール電化マンションについて少し考えてみましょう。

オール電化マンションとは、従来はガスで利用していた調理器や給湯器を電気製品に置き換えてあるマンションです。具体的にはIHクッキングヒーターとエコキュートが設置されていてガス配管がつながっていないマンションの事を指します。

IHクッキングヒーターは火を直接使わないので安全です。燃焼ガスの発生もなくキッチンの気温が上がらない事もあり、密閉率の高いマンションでは効率のよい調理器具です。IHクッキングヒーターが発売され始めたころは火力が弱いイメージがありましたが現在では特に問題ありません。

電力会社のモデルルーム等で実際に体験する事も出来ますので興味のある人は行ってみると参考になるでしょう。

ではエコキュートはどうでしょうか?こちらも以前の製品はお湯切れ等の問題があり不評でしたが、現在では概ね解決しています。ヒートポンプ式といわれ、タンク容量によって性能が異なります。タンク容量は460Lタイプが安心です。

東日本大震災を経験した人は計画停電の影響も考えて、オール電化を避ける方が多いようです。しかし、震災時直後にはガス配管の破裂を懸念してガス機器は使用できなくなる事が多く、復旧自体はガスよりも電気の方が早い傾向があります。電気とガスは一長一短ある為よく検討しましょう。


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


内覧同行ランキング


おすすめ記事