ペット可マンションはここを注意

shutterstock_6927208
一昔前はペットは庭のある一軒家で飼うものという風潮がありましたが、近年はペットは家族の一員として認知され新築マンションでもペット可の場合がほとんどです。

最近では愛好家の為に各住戸の前にペットの足洗い場が標準装備されていたり、マンション内にドックランがある物件も登場してきました。いまやペット不可マンションは時代遅れなのです。

しかし、中にはマンション販売に重点を置きすぎてペット可と表記したのはいいものの、ペットによるトラブル回避が十分に検討されていないマンションも見受けられます。その様な配慮がなされているマンションなのかどうかもしっかりと判断する必要があります。

例えば、エレーベーターが分離されている、もしくはペット表示があるタイプかどうか。
これがあれば、ペットが苦手な住人と無駄に接触する必要がなくなるためトラブルが軽減されます。
また、ペットの足洗い場があるかどうかやペットが歩いてよい場所とよくない場所の区別がされているかといった事もポイントです。

また建物だけではなく規約等の設定も重要です。
例えばロビー階でのペットの取り扱いについて。
「抱きかかえること」とはっきり規定されていればよいのですが、「迷惑を掛けないように配慮する」等と記載されている場合は注意が必要です。気になる人は前もって規約を確認することをおすすめします。


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


内覧同行ランキング


おすすめ記事