マンション内覧会ではこんなところをチェックしよう!

shutterstock_5408206

マンション内覧会ではどの様な個所をチェックすればよいのでしょうか?近年ではマンション内覧会同行業者やインスペクターを利用する方も増えています。マンション内覧会では基本的には見える部分のチェックとなる為、ご自身でもチェックする事は可能です。

そこで、どんなところをチェックすればよいのかをレクチャーします。まずは、手に触れる部分を重点的にチェックしよう。普段から利用する可能性の高い個所です。
少し抽象的な言い方になってしまいますが五感をフル活用してチェックしましょう。

床下や天井裏、浴槽の点検口等を開けて確認します。水がたまっていないか、ごみは落ちていないか、配線等は整理されているか、変な臭いがしないか等を五感を使って確認します。
shutterstock_697151

普段の生活で気になるか所は手に触れる部分です。また、その様な個所は目につきやすい部分でもあるので実際に触って確認するのが確実です。開閉部のガタつきや、開き具合、重さの確認等です。
また、カウンターのヘリはささくれ立っていないか、押入れの釘は出てきていないか、ビスは危なくないか等も合わせて確認しましょう。

またマンション内覧会では目視での確認も重要です。部屋全体を見回して気になる所はないかを確認しましょう。
納得するまでじっくりチェックすることが満足度を左右します。マンション内覧会では内覧時間を制限されている事があります。しかし、購入者はあなた自身なので時間は気にする必要はありません。

時間を気にして納得するまでチェックできなかったりすると、あとあと不満が残ってしまします。内覧会時は売主含め関係者は時間がかかる事を承知の上で対応していますので安心してください。


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


内覧同行ランキング


おすすめ記事