マンション内覧会では遠慮は無用

shutterstock_2445743
マンション内覧会では、購入者が専有部分をチェックをする際に、施工会社や売主などが同行し説明や質問への対応をしてくれるケースが一般的です。(※マンションによってはご自身のみでチェックをする事もあります)

その為内覧会で下記のような経験をした方もいるようです。

  • 施工会社や売主にと良好な関係を維持したかったので、言いたいことが言えなかった。
  • 床や壁の傷が気になったので指摘したが、「許容範囲内です」、「直せません」などと拒否されてしまった。

マンション内覧会を経験した事のある方は少なからず心当たりがあるのではないでしょうか?
マンション内覧会同行業者やマンション建設に携わった経験のある人ならばそれが許容範囲かそうでないのかを判断する事は可能ですが、一般の方は「許容範囲です」と言われてしまうとそれ以上追及しにくいものです。

しかし、はっきりと言える事ですが「購入者は手直しをしてもらう権利を持っている」ということです。
遠慮は無用です。気になる部分は納得するまで説明してもらい、直すべき部分については直してもらうようにしましょう。

また、時間制限は気にする必要はありません。時間制限はあくまで売主・施工会社の都合なので、納得できない事がある場合は時間は気にせず納得するまで説明してもらいましょう。


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


内覧同行ランキング


おすすめ記事