マンション内覧会の持ち物

shutterstock_11751373

  • メジャー(図面通りの高さや大きさを確認する為)
  • 懐中電灯(洗面下やクローゼットなどを確認する為)
  • デジカメ(記録用)

家具等の配置に必要な寸法を測る方も多いようです。例えば洗濯機置き場のサイズは測ったけれども搬入経路の寸法は測り忘れて入らなかった等の手落ちもあるようなのでお気を付けください。

図面には縮尺寸法が書かれています。スケールと書かれているケースもあります。
基本的にはこの寸法通りに施工されているはずなので、家具等はそのサイズで用意すれば問題ありませんが施工上の問題で若干小さくなっているケースもあります。(そういった場合は前もって売主から説明があるともいます。)
また、配管の関係で天井高が想定されていたよりも低いケースもあります。

その様な状況も考慮して大型の家具や家電を搬入予定の場合は、気をつけて寸法確認を行いましょう。

その他、細かくチェックしようと思えば色々な機器が必要になってきます。水平器を用意するかたも多いようです。
最近では携帯電話のアプリで水平器が無料ダウンロードできますので、建具等て気になる傾きがある場合はチェックしてみましょう。

注意事項として、あまり細かい指摘事項を積み重ねていると購入者自身が疲れ果ててしまい、肝心な部分を見落としがちになります。
「マンション内覧会はあらさがし」いう考え方ではなく、何か問題があった時に頼りになる業者なのかどうかを見極める為の会と考えるのも成功の秘訣です。


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


内覧同行ランキング


おすすめ記事