マンション内覧会はなるべく早い時間帯を指定する

shutterstock_9348103
マンション内覧会はなるべく早い時間帯を指定しましょう。通常内覧会の開始時間は午前中1件、午後2件程度で設定されています。

内覧会は予約制が多いので、早い時間を予約しましょう。何故なら、遅い時間だとすぐに暗くなってしまうからです。冬場ともなれば午後5時には屋外は真っ暗になってしまいます。内覧会時にはまだ照明が点灯しないケースもあるので暗くなってからだと重要な個所が見えなくなってしまいます。内覧会の時間を最低2時間程度確保するためには遅くとも15時開始となります。※真冬だと15時では遅いかもしれません。

懐中電灯を持参してチェックする事も可能ですが、やはり外部が暗めになってしまうとキズや汚れ等は見えなくなります。どうしても夕方の時間になってしまう場合は、入室後、初めにベランダ等の屋外部分のチェックをする等のスケジュールも考えておきましょう。

既に時間が決められている場合も担当者に相談してみましょう。たいていの場合、内覧会には予備日が設定されているので時間変更や曜日変更には応じてくれます。

売主によっては遅い時間にかからない様に、内覧会受付の最終時間を14時頃にしているところもあります。この様な売主は購入者の事をよく考えている売主だと言えるでしょう。


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


内覧同行ランキング


おすすめ記事