二重床と直床

041
直床とはスラブ(コンクリート)に直接フローリングやカーペットを貼る事です。直床は振動や音が直接階下に伝わりやすいと言うデメリットがある為、防音性の高いクッション性のあるフローリングが選ばれます。その為フローリングの上を歩くとフワフワした様な感覚があります。

これに対して二重床は、スラブの上に置き床等をする事によって仕上げる事です。スラブとの間に空間ができる為配管設備や配線等を行う事が出来、将来的なメンテナンスが行いやすいと言ったメリットがあります。

最近のマンションの二重床はほとんどが置き床工法を採用しています。遮音性能を高める為に吸音材を充填する事もあります。一般的には直床よりも二重床の方が優れているとされ高額のマンションに採用されるケースが高いようです。

一方で直床でも水まわりだけは床下に配管を通すスペースが必要になります。ですから本来であれば水まわりだけ一段高くなるのですが、その位置のスラブを低くする事によって段差のない室内空間を実現する事が出来ます。
最近では直床工法のマンションも増えてきましたが、材料や工法の進歩もあり騒音問題はかなり軽減されています。その為、直床でも二重床でも上階との騒音に関してはあまり気にし過ぎる必要はないでしょう。

ただし、小さな子供等がいて走り回る場合は要注意です。その場合は二重床でも下階に音が響きますので気をつけましょう。


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


内覧同行ランキング


おすすめ記事