修繕積立金は安い方がいいのか

shutterstock_8909758
マンションを購入するにあたって一番気になるのは販売価格です。多くの方は住宅ローンを組んで長い間支払ってゆくわけですから当然です。その為、マンション販売側は最低金利での月支払額を提示してお得感を演出します。

ここで、少し注意すべき項目があります。マンションを買うと言う事は販売価格だけでなく諸経費や管理費、修繕積立金を払い続ける必要があると言う事です。管理費や積立金は必ず必要になる為、これを嫌がりマンションではなく戸建を購入する人も多いようです。※戸建の場合でも定期的な修繕は必要なのでお金を積み立てておく必要がありますが・・・

更に掘り下げてゆけば、駐車場代金や固定資産税、団体信用生命保険等の金額も含めて考える必要があります。
ちなみに管理費と修繕積立金はマンションの日常的な維持管理に要する費用と将来修繕が必要になった時に備えた積立金です。どちらも区分所有者の共有持分に応じて算出されます。

これらは必ず必要なコストなので安ければ安ほどよいと考えられがちですが、それは大きな間違いです。
まず修繕積立金ですがあまりに低い積立金は入居後に値上げされると思って間違いありません。目安としては55㎡以上で6,000円/月以下の場合は注意してください。

マンションは竣工後10年以降で大規模修繕工事を行う事がよくあります。その際に一時金の発生がある場合もありますので購入時には積立金の計画表を確認するようにしましょう。建物が古くなるにつれて積立金が増額される事はよくある事なので、現在の支払金額だけでなく将来も含めて検討する必要があります。

では管理費について考えてみます。
管理費は管理内容によって異なる為将来的には値下げされる事もあります。郊外マンションでシャトルバスを運用してる場合、シャトルバス利用者が少ないと運用が廃止になる事があります。
シャトルバス運用は赤字のケースが多く取りやめる事で管理組合の収支が改善する為、これにより管理費が下がる事があります。
また、コンシェルジュがいるマンションも廃止や出勤日の調整等で管理費が減額される場合があります。

管理費に関してはその管理内容に対して妥当かどうかが目安となりますので、判断は難しいのですが、購入を考える際の参考にはなる項目ですので必ず確認するようにしましょう。


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


内覧同行ランキング


おすすめ記事