内覧会では何をするの?

マンション内覧会何するの

マンション内覧会というのは何度も経験するものではありません。ほとんどの人は人生で1回あるかないかという程度です。その為、いったい何をしたらよいのかという事はベールに包まれておりよく分かりません。

そこで、大きくではありますがどんな事を行うのかを紹介します。

まず、現地に集合し受付をします。

shutterstock_5408206

当日の流れの簡単な説明があり早速住戸内へ向かいます。この際に、施行者や説明担当者(内覧レディ)が付くケースもあれば、ご自身の身でチェックするケースもあります。

shutterstock_6870157

チェックでは住戸内の傷、汚れや設備の不具合(例:扉が閉まらない等)を確認します。その際に不具合個所に紙テープを張ってし印をつけてゆきます。場合によっては素晴らしい仕上がりで特に指摘事項がないケースもあります。その際は各社所定の書式にサインをして内覧会は完了です。

早い方だと30分程度で終了するケースもあります。

shutterstock_10888600

しかし、住戸内チェックは個人によって感じ方にかなり差があり同程度の仕上がり住戸でもチェック項目数に大きな差が出る事が多いようです。指摘項目がいくつかある場合は、施行者が修正を行います。当日完了できる場合もありますが多くの場合は別日に再度訪問して確認するスタイルをとっています。この会の事を「確認会」といいます。

再度確認会へ訪問し、指摘箇所が修正されていれば所定の書式にサインをして完了です。

shutterstock_6264319

傷や汚れは内覧会での指摘が最終チェックとなる為、入居後に指摘しても免責扱いになります。その為、気になる汚れ等がある場合は遠慮せずに指摘しておきましょう。その他大きな問題が入居後に発生した場合はアフターサービスで対応してもらう事になります。ですから、機能的な問題や傷汚れ等であまり神経質になる必要は無いでしょう。

 

少し話を戻します。

住戸内覧が終わった後、共用部の説明があります。最近のマンションはかなりハイテク化されている為設備の使用方法等をレクチャーしてくれます。詳しい使用方法は説明書等で確認する必要がありますが、大まかな流れはつかめるはずです。

shutterstock_1115583

そして、これは業者によって異なるようですが入居後に必要になるサービス業者の説明ブースが設けられているケースがあります。例えばインターネット契約や新聞契約、引っ越し業者、インテリア業者等です。必要があればこれらの説明も聞く事が出来ます。

全体を通して特に問題がなければ引き渡しに向けて手続きを行います。

shutterstock_2676814

 

業者によって異なる事はありますが概ね上記のような流れになります。


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


内覧同行ランキング


おすすめ記事