内覧会はお披露目のため

shutterstock_8647399
マンション内覧会は完成後の物件のお披露目だと考えると分かりやすいかと思います。
マンションは俗にいう「青田売り」が多く、出来あがった後にその出来上がりを購入者に確認してもらうのが内覧会です。契約時にはまだマンションは出来あがっていないので、購入者はこの時に初めてマンションを見る事になります。

当然、専有部だけでなくエントランスから、外構、共用施設等全てが完成しているのが理想的です。しかし実際には完成していないマンションも多々あります。最悪の場合だと専有部の工事が一部未完了と言う事もあります。これは怒りを通り越してあきれてしまします。

内覧会では購入者は専有部の仕上がりを確認する事になります。
仕上がりを確認して問題なければ、確認した事を証明する用紙にサインをして、内覧会は完了です。その後契約の予定日に代金や諸経費の支払いと鍵の引き渡しが行われます。

不具合があった場合は、指摘事項として工事を行った施工者や売主にその内容を伝え修復してもらいます。その修復事項を再度確認するのが「再内覧会」「確認会」などと呼ばれています。

ここで気をつけたいのが、キズや汚れに関してはこの内覧会で同意するとその後売主に対して修正の依頼を行う事が出来ないと言う事です。ですから最近では内覧会に建築士やその道のプロを同行させるケースが増えています。

場合によっては再内覧会でも指摘箇所が修正されていない事があります。この様な場合は再々内覧会を申し入れましょう。直るまでは何回でも申し入れましょう。
買主は購入するマンションを修正依頼する権利がありますので遠慮する事はありません。もしも納得のゆかない状況で引き渡しを受けてしまうと、その状態を認めた事になりますのでくれぐれも注意してください。

簡単なチェックポイントですが、床や壁の傷や汚れに関してはあまり神経質になる必要はありません。生活していればすぐに付いてしまう物なので、気になるか所のみ指摘するようにしましょう。また、床に関しては全体的に踏み固める様なイメージまんべんなく力を入れて踏んでみましょう。
施工不良がある場合は足の感覚で分かりますのでその際は施工業者に確認してもらいます。建具などはすべて開閉して開き具合や固定具合を確認します。設備機器等もスイッチを必ず入れて動作を確認するようにしましょう。

最近は少なくなりましたが、内覧会に行くと「ご覧になれるのは2名までです」などと言う売主があります。しかし完成した住戸を確認するのは購入者としての権利なのでその様な申し入れは受け付ける必要はありません。何人でも、納得のゆく人数で内覧しましょう。
出来れば専門的な知識がある方が同行しているとなお良いでしょう。ただし、あまり極端な事を売主や施工者に言うのは避けましょう。内覧会はあらさがしではないので、公正な目で確認する事が重要です。

また、内覧会では「60分以内でお願いします」などと言われる事もありますが、これも購入者の権利を阻害する事になりますので、気にする必要はありません。自分達が納得の行くまでしっかり時間をかけるべきです。

通常、プロなどが確認する場合でも2時間程度はかかる事が多いようです。

内覧会の日時に関しても、平日のみの指定で都合が悪い場合は売主に相談しましょう。最近は柔軟に対応してくれる売主が増えてきたように感じます。どうしても受け入れてくれない場合は専門のコンサルタントや各自治体の宅建業担当に相談してみましょう。


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


内覧同行ランキング


おすすめ記事