初施工マンションは悪くない?

初施工マンション

マンションは不動産会社(事業主)とは別に、施工者と呼ばれる建設会社が存在します。
この建設会社には、昔からの施工実績のある会社と、その売主の建物は初めて建設するという会社が存在します。

不動産会社(事業主)からすれば、新しい建設会社と取引をするのはかなり手間がかかりますのでなるべくならば避けたいのが実情です。しかし、さまざまな諸事情によって新規建設会社と取引が始まる事があります。

建設会社側から考えてみると、せっかく獲得した仕事ですから問題を起こすわけにはいきません。マンション工事は大きな工事金額になりますので各社必死なのです。そして、やっとの思いで獲得した工事ですから次回以降の工事依頼があるかどうかという事が重要になります。1回の工事のみで終わるほど勿体ない事はありません。2回目の工事依頼があるかどうかは1回目の工事仕事の質にかかっています。

その為、建設会社は初施工マンションに関して、しっかりとした工事を行う為に優秀な所長を現場に送り出します。そして会社としても全面的に協力して良いマンションを作り上げるのです。
上記のような理由から、初施工マンションは良いマンションに仕上がる事が多い傾向があります。

先日、ある大手不動産会社の施工を初めて行うゼネコンの所長さんとお話をする機会がありました。非常に腰の低い方で、基本的には不動産会社の要望は何とか叶えようとしてくれる所長さんでした。基本スタンスが「はじめてなので気がついた事は何でも言ってください。なるべくご期待に添えるように頑張ります!」という感じです。

このマンションの仕上がりはまだしばらく先なので完成が楽しみです。


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


内覧同行ランキング


おすすめ記事