欠陥工事が無くならない理由

shutterstock_3579906

これは不動産業界では当たり前に行われている仕組みに由来します。横浜市の傾斜マンション問題で明らかになりましたが、売主は三井不動産であるにもかかわらず、一向に会見を開きませんよね?
そして、下請け杭工事業者である旭化成建材が何度も会見を開いています。

一般的な常識から考えるとなんだか違和感があります。

マンション業界では責任を下に取らせる仕組みになっているのです。例えば、不動産会社は施工を担当したゼネコンに責任を取らせます。そしてそのゼネコンは実は「職人」と言われる人は抱えていない為、その該当工事を行った業者に責任を取らせます。
この様な仕組みになっている為、欠陥工事が無くならないのです。

今回の傾斜マンションの場合、対象個所が杭なので補修工事は難しいと言われています。また、話が大きくなった事もあり、三井不動産も先手で対応策を打っている様に感じます。ですから、不幸中の幸いと言えるのではないでしょうか?


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


内覧同行ランキング


おすすめ記事