3月入居にこだわらない幸せ

3月入居マンションチェック

3月入居はそんなによい事なのでしょうか?たしかに3月は日本の社会システムにおいては何かと節目となる月です。

例えば学校や企業は4月からが新年度というところが多いでしょう。ですから「心機一転、新居で迎える新年度」という営業マンのセールストークに合わせて契約する方が多いようです。しかし、冷静に考えてみると3月入居とはそんなに良いものなのか疑問が残ります?

そもそも、3月は多くの企業にとって決算期です。年度内に終わらせなくてはいけない仕事や、送別会や来年度の予算組などもあるかもしれません。そうなってくると、帰宅時間も遅くなりがちです。そんな中で満足に荷づくりも出来ずに引っ越し当日を迎えてしまう・・・なんて事が想定されます。

せっかく4月に新居で生活をスタートできると思ったのに、段ボールに囲まれながら生活をしているなんて事が、実際には多いようです。また、引っ越ししてからもやらなければならない事が山ほどあります。
役所関係や免許証の変更、銀行の届け出、電気、ガス、水道、携帯電話の住所変更・・・まだまだたくさんあります。
しかも、あなただけではなく多くの人が3月に引っ越しをしていますのでどこに行っても、変更手続きは大混雑。そこであなたは気が付きます。

「なんでこんなに忙しい時期に引っ越したのか・・・」

ですから、よほどの事情が無い限りは3月引っ越しにはあまりメリットがありません。マンションの購入は人生にとって大きな節目になります。その節目をわざわざ予定がてんこ盛りの3月に行う必要があるのでしょうか?

結局のところ、「3月入居で4月から心機一転」というのは不動産会社の宣伝文句だと思ってください。3月はどちらかと言えば引っ越しには向かない月です。もしかすると、あなたは3月が忙しくないお仕事をされているかもしれません。しかし日本の社会システムでは多くの人が忙しい時期なので、必ず巻き込まれます。

人によってはさらなる悲報が舞い込む事があります。それが「転勤」です。
私も大手企業に勤めていた事があるのでその悲劇を目の当たりにしてきました。3月入居のマンションを探して、内覧会も終わり、引っ越し日も設定できてやっとひと段落と思った矢先に、上司に呼び出されて言われるのです。

「○○さん、ちょっと・・・。次年度から○○支店で頑張ってもらいたい。」

多くの企業が4月から新年度体制をとりますので、移動辞令は2月末~3月下旬です。その頃にはマンション購入に関わる作業は概ね完了していますので、もう引き下がれません。

購入者の中には転勤を理由にマンション解約をもし入れる方も多いようです。しかし、残念ながらこの申し入れがすんなり受け入れられる事はまずありません。基本的には手付金放棄が条件となります。人によっては数百万円の手付金を支払っている事もあるかと思いますので、なかなか受け入れられるものではありません。しかし、その事情は不動産会社も同じなので簡単には受け入れてくれないのです。彼らとしても今更解約されては困るのです。

私が勤めていた企業では「住宅を購入すると異動辞令が出る」という都市伝説がまことしやかかに囁かれていました。そして、これが結構な確率であたるのです。後に人事担当者に聞いたところによると「住宅を購入したばかりの人であれば、住宅ローンもあるし移動は拒否できないでしょ。だってサラリーマンの辞令拒否は辞表提出と同じ意味だからね♪」と笑顔で言っていました。おそろしや・・・
あなたや配偶者のお勤め先がその様な会社でない事を祈ります。

色々と書いてきましたが、3月入居に限定してマンションを探すのはやめましょうというお話しです。


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


内覧同行ランキング


おすすめ記事